美容皮膚科 アトピーのコンプレックスを解決

アトピーを患っていると、掻き傷や赤み、色素沈着など肌の見た目が悪くなります。皮膚科で治療することができますが、多くがステロイドを塗って痒みを抑える内服薬を飲むというものです。これらは一時的な治療であり、肌のバリア機能は低下したままなので再び肌の調子が悪くなる可能性が高いです。

美容皮膚科は肌のバリア機能を高める治療法を実施することで、根本的に肌質を改善することを目指しています。ステロイドを使いたくないと感じている人にもおすすめで、治療法を組み合わせればたくさんの肌のコンプレックスを無くすことができます。

バイオプトロンは美容皮膚科ではアンチエイジングのために導入されていますが、老化した肌を再生させ肌本来が持つ美しくなる力を高めるのでアトピーにも効果的です。太陽光から有害な紫外線を除去した太陽光線を肌に当てます。プラセンタには抗アレルギー作用があり、静脈内に注射すれば有効成分を100%吸収できます。

サプリメントや化粧品で取り入れるより効果が高いです。アトピー肌の人は体内の毒素を排出できていないという考え方もあります。合成アミノ酸であるキレーションという薬剤を利用すれば、有害な金属の排出を促進できます。

カウンセリングが大事