ニキビのコンプレックス 美容皮膚科で解消

ニキビを気にする

10代の頃もニキビで悩み、大人になっても吹き出物で悩む人が増えています。顔に吹き出物ができると、化粧をしても目立つため、コンプレックスに感じている人は多いです。

大人の吹き出物は跡が残りやすいので、美容皮膚科などで早めに適切な治療をすることが大切です。美容皮膚科は、ニキビ治療に定評があるクリニックが多いため、男女を問わず人気があります。

豊富なメニューの中で、多くの人が利用しているのがピーリング治療です。ピーリングは、ターンオーバーを正常に戻し、肌の再生を促します。また、色素沈着などの跡も薄くすることができます。

大人の吹き出物は、乾燥によって肌の機能が低下し、皮脂が毛穴に詰まってアクネ菌が繁殖して起こります。ピーリング剤を使うと、毛穴のケアもできます。グリコール酸のピーリング作用により、肌表面の角質を整えていきます。美容皮膚科では、ピーリングとイオン導入をセットで行うことも多いです。ピーリングをかけた肌に美容成分をイオン導入することで、肌の深部に美容成分が浸透しやすくなるのです。高い濃度のビタミンC誘導体をイオン導入することで、ニキビだけでなく、色素沈着の跡まで改善することが可能なのです。

ニキビ跡のコンプレックス 美容皮膚科で解消

若い子も悩みのニキビ

頬や顎に目立つニキビ跡ができてしまい悩んでいる方は多くいます。黒ずみのようになったり、凹凸のある跡になってしまうと、メイクでなかなかカバーできずにコンプレックスになってしまう場合もあります。そのようなニキビ跡改善に有効と言われるスキンケアは数多くありますが、効果的にしっかり綺麗に治すなら美容皮膚科がおすすめです。

スキンケアの場合は肌質に合う場合もあれば合わない場合もあるため、全く改善できない場合もあります。また、スキンケアでは凹凸跡はなかなか治すことができません。しかし、美容皮膚科なら肌状態に合わせた施術をすることにより、コンプレックスとなっている目立つ跡を綺麗に改善することができます。外用薬により肌のターンオーバーを促し、黒ずみや赤みのある跡を改善することもできますし、状態に合わせてレーザー治療やケミカルピーリングにより綺麗にすることもできます。皮膚の専門家が肌状態を確認した上で適切な施術をしてくれるので、スキンケアよりも効果的です。

このように、コンプレックスになるくらいのニキビ跡を綺麗にするにはスキンケアよりも美容皮膚科が効果的です。また、施術内容によっては保険内治療ができるので、コストも抑えることができます。